小学生で経過を見ると抜歯になる?

小学校中・高学年で矯正相談をして「もう少し経過を見ましょう」と言われたら要注意。 そのまま経過を見ると、ほとんどが抜歯する矯正になるようです。
ほとんどのケースで抜歯をして綺麗に並べる先生も多いようで、そのタイプの先生は抜く時期を待つときに「もう少し経過を見ましょう」という単語を使われることが多いと聞きます。
「大串歯科医院では、原則歯は抜かずに計画を立てます」

早めに対応すれば抜かずに済むケースがほとんどなので、歯を抜きたくないとお考えの方は早めにご相談下さい。

関連記事

PAGE TOP