小学生で歯並びが悪いのに経過を見ると抜歯になる?

     もう少し様子をみましょう この言葉は「将来矯正をする前に歯を抜きましょう」とほぼ同じ意味です。

    小学校中・高学年で矯正相談をして「もう少し経過を見ましょう」と言われたら要注意。
    その様な歯科医院でそのまま経過を見ると、ほとんどが抜歯する矯正になるようです。
    多くのケースで抜歯をして綺麗に並べる先生も多いようで、抜歯矯正が得意な先生は抜く時期を待つときに「もう少し経過を見ましょう」という単語を使われることが多いと聞きます。

    できるだけ歯は抜かない方がいいです。
    「大串歯科医院では、原則歯は抜かずに計画を立てます」

    早めに対応すれば抜かずに済むケースがほとんどなので、歯を抜きたくないとお考えの方は早めにご相談下さい。
    子どもの場合は成長発育を利用した早期の矯正治療の開始が重要です。

     

    関連記事

    1. 歯が痛い女性のイラスト
    2. 質問と答え
    3. 笑顔が綺麗な白い歯の女性
    4. ブラケットマウスピース比較
    5. 治療費画像
    6. 白い歯の女性
    PAGE TOP