インビザライン治療の流れ

インビザライン治療の流れ

インビザライン(マウスピース矯正)治療の流れについてご説明いたします。歯並びや噛み合わせが気になる方は、お気軽にインビザラインの無料相談(カウンセリング)をお申し込みください。

インビザライン治療完了までの流れをご紹介します

歯列矯正は、一般的な虫歯や歯周病の治療とくらべて治療完了までに長い期間と費用がかかるため、綺麗な歯並びに憧れていても、治療を迷われている方は多いかもしれません。
矯正治療で歯並びを整えると、美しい口元手に入るだけでなく、お口の健康維持や全身の健康にもつながり、一生の財産になります。

インビザライン治療の流れ

Step1:無料相談(カウンセリング)

インビザライン治療の流れ、治療期間や費用などの目安をご説明いたします。不安や疑問に思われることは、何でもご質問ください。

お子さんの治療の場合は、ご家族でのカウンセリングをお勧めします

小児期の矯正治療については、学校生活との両立や矯正装置の見え方、装置による痛み、むし歯予防など、ご本人も親御さんもいろいろと不安や疑問をお持ちのことだと思います。カウンセリングにはぜひ、お子さんとご一緒においでください。お子さんの不安や疑問にもわかりやすくお答えし、ご本人が前向きに取り組めるように説明します。お子さんもご家族も納得のうえ、安心して矯正治療を始めていただきたいと考えていますので、気軽にご相談ください。

Step2:精密検査

Step2:精密検査

インビザラインによる矯正治療をご希望される患者様の歯型、口腔内写真、レントゲンなどお口の中の詳しい情報を集めます。
当院では、iTero Element(最新のデジタル光学スキャナ)を導入し、従来のシリコン印象よりも、正確で快適な検査が可能になりました。これらの検査結果を基に、当院の矯正専門医が、一人1人の歯並びの状態に合わせたインビザラインの治療計画を立案します。

Step3:綿密な治療計画の立案

検査結果を基に「クリンチェック」による綿密で総合的なインビザラインの治療計画を立案します。

治療の開始から完了まで、歯がどのように動いていくのか、3Dシミュレーションで、患者様にご確認いただき、治療への理解が深まるよう丁寧にご説明いたします。

プラン1  青い歯は移動前、白い歯は移動後の状態です。

プラン2   青い歯は移動前、白い歯は移動後の状態です。

 

 

できる限り抜歯を行わない治療計画をご提案しています。抜歯した場合、抜歯しない場合等々色々なプランが比較できます。

今までのやってみなけりゃわかりません、から一步前進です。

プランに承認いただきましたら、マウスピースを発注いたします。
(治療計画にご承認を頂けない場合、治療を中止することが可能です。)

【インビザライン・マウスピースの発注】

インビザラインの設計・製造・販売を行う米国アライン・テクノロジー社に、インビザラインのマウスピースを発注します。説明した治療計画をもとに、デジタル技術を駆使した最新工場で、1人一人にあわせた透明なマウスピースが製造・梱包され、日本に届けられます。

Step4:虫歯や歯周病の治療

マウスピースを装着する前に、虫歯や歯周病などのお口のトラブルがある場合、治療を行います。お口の健康維持に欠かせない歯磨き指導なども行います。

Step5:治療開始

Step5:治療開始

インビザラインのマウスピースを装着し治療をスタートします。初期段階では月に1回、その後は2~3ヵ月に1回のペースで通院していただきます。各治療段階で、アタッチメントの装着などを行います。
7~10日毎に、次のマウスピースに替えて治療を進めていきます。

マウスピースは1日20時間以上装着してください。飲食や歯磨き以外の時間は、いつも装着するようにしましょう。歯並びの状態によって異なりますが、治療期間の目安は1~3年です。

Step6:保定期間

すべてのマウスピースの装着が終了し、歯並びが改善されましたら保定期間に入ります。舌などのクセによって歯が元の位置に戻ることがないように約1~3年間、保定装置(リテーナー)を装着し、歯列を安定させる期間です。噛み合わせや歯の経過を観察します。

関連記事

PAGE TOP