芸能人と歯の矯正

    芸能人は歯が命

     常に人目にさらされる芸能人は、歯並びがキレイで白い歯である事が求められる職業ですね。そのため、歯の矯正をして歯並びを整えている芸能人はとても多い事で知られてます。歯の矯正をした芸能人・有名人は、南明菜さん、大島優子さん、夏目三久さん、マツコ・デラックスさん、島袋寛子さん、能年玲奈さん、蒼井優さん、重盛さと美さん、ウエンツ瑛士さん、田中みなみさん、本田翼さん、小雪さん、藤原竜也さん、沢尻エリカさん、他などと言われてます。スポーツ界も一流の方には多いですね。噛み合わせの安定により本来の力が発揮できるのでしょう。
     芸能人は、歯並びがいいのが当たり前というふうに思ってしまいがちですが、実は誰もが歯並びに恵まれているわけではありません。過去と現在の写真を見比べると、歯並びの違いは明らかで、芸能人の多くが芸能界に入ってから歯列矯正をしているという事が分かると思います。

    インビザライン女性

     歯の矯正には昔ワイヤーとブラケットと呼ばれる装置(最近TVで見ることなくなりましたね)が使われていて、矯正しているととても目立ったのですが、今は目立たない矯正装置や矯正法があり、装着していてもわかりにくいので、芸能人でも矯正をしやすいのでしょう。歯の裏側に装置をつける方法も一時流行りましたが、発音がうまくできないので話しにくいだけでなく歌になると無理ですね。
     インビザラインによるマウスピース矯正であれば、出演時は外せるので今までよりずいぶん良くなりました。

    ブラケット矯正

      目立たないとはいえ、矯正治療後は今までと違ってキレイな歯並びになるので、矯正前の歯を知っている人にははっきりと違いが分かります。
    特に分かりやすいのは八重歯です。芸能界にデビューしたばかりの頃は八重歯があったのに、いつの間にか八重歯がなくなっている・・・という芸能人は多数います。八重歯ではなくても、昔の写真と今の写真を比べると、たくさんの芸能人が歯列矯正をしている事が分かります。
     海外では八重歯はドラキュラのイメージで嫌われてるので、TVや映画の出演者ではほとんどみかけることはないですね。(昭和中期の日本では八重歯が可愛いという時代があったんです)

    ドラキュラの歯

     歯列矯正は見た目を整えるというメリットだけではなく、噛み合わせが良くなる事により、生涯自分の歯でできるだけ長く食べることを可能とします。
    よく噛めれば、体調が精神面が安定するなど、心身の健康面でのメリットも大きいと思います。
     忙しい芸能人にとって歯並びを整える事は、単にイメージアップをはかるだけにとどまらず、多忙な中で健康管理の一環としても役立つことでしょう。

     矯正専門の医院では、審美性(見た目、美容的なもの)の改善治療に重点を置かれてる先生も多いです。
    患者さんのご希望が「見た目を綺麗にしたい!」というシンプルな要望が多く、「見た目を良くするとともに、できるだけ生涯自分の歯で食べることができるように噛み合わせをととのえてほしい」と言われるのは少数派のようです。
     見た目をととのえるだけではなく、噛み合わせを上手く作らないと生涯自分の歯で長く食べることはできません。
     矯正治療を受ける事と自分の歯が長く持つことは意味が違います。色々な美容外科でも同じですよね。
     矯正の先生は咬合の専門家ではありません。歯並びも綺麗にして、噛み合わせも理想に近づけるには咬合に詳しく矯正治療もできる歯科医師に矯正を頼むか、
    咬合に詳しい歯科医師の指示・管理下のもとに、矯正医に歯の移動を依頼することが大切です。
     そうすることにより、副作用の一つである矯正治療後の顎関節症の発生も少なくすることができます。

     噛み合わせに詳しい矯正医もいらっしゃいます、ホームページで歯根吸収や顎関節症のような副作用、失敗例について書かれてます。ご参考に。
    https://www.aiueo-kyousei.com/c01/ng_ortho

     歯列不正

     

    ロンドンブーツ 

     

    インビザライン矯正なら大串歯科アイランドシティ

     

    関連記事

    1. ブラケットマウスピース比較
    2. 白い歯が魅力的な女性
    3. マークイズ画像
    4. 歯が痛い女性のイラスト
    5. 質問と答え
    6. 透明なマウスピース画像
    PAGE TOP