マウスピース矯正とは? 装着時間 内容

    歯並びを治療する、マウスピース矯正装置とは?

     一般的にイメージされるメタルワイヤーによる矯正治療とは異なる「マウスピース矯正」について解説します。最も異なる点は歯に固定しないことです。そのため、矯正治療中にも取り外しができ、矯正治療中も違和感を感じずに食事や歯磨きができます。マウスピース矯正の装置はどれも同じに見えますが、治療方法や期間、効果には大きな違いがあります。

    マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)以外のマウスピース矯正では、歯が動くたびに歯型を採取する必要があります。マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)以外のマウスピース矯正を体験した方は、その大変さについておわかりいただけると思います。というのも、歯型を採取する際には大きなトレーを口の中に入れて数分間じっとしていなければならないからです。この採取を2週間~1ヵ月に1回行うのは患者様にとってつらくて大きな負担となります。

    インビザラインとは

    歯並びの治療に使用するマウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)は、最初に採取した歯型を3Dデジタル化し、理想的な歯並びを実現するまでの精密な治療計画を立てます。ほかのマウスピース矯正と比べて患者様の負担は少なくなっています。

    歯型の採取

    マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)のマウスピースは、最新のデジタル技術を最大限に盛り込んだアメリカのアライン・テクノロジー社の工場で治療計画を忠実に具現化して作製されます。再現性・正確性は他のマウスピース矯正と比較になりません。しかし、マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)にはこれまでの矯正とは異なる特有の知識・技術を要します。高い診断技術や、個人差をふまえた治療計画がなければ、望ましい効果は得られません。当院理事長は数多くの症例をもつDRだけに与えられる「プラチナドクター」です。数多くの臨床経験をもとに、マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)のもたらす効果を最大化にして歯並びを効率的に治療します。

    マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)を開発・製造するアメリカのアライン・テクノロジー社は、マウスピースに関する特許を中心に多くの知的財産を有しています。その特許数は2013年時点で全世界で550件以上です。そのため、マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)のシステムは他のマウスピース矯正には真似することができないのです。この唯一無二のテクノロジーによる治療を求めて、アメリカ人の患者様の多くは矯正治療にマウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)を選択します。日本でもマウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)は脚光を浴びており、マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)の治療を希望して来院される患者様は確実に増えています。

    なぜマウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)は優れているのか?
    invisalign従来のワイヤー矯正とは全く異なる、マウスピース型の矯正装置です。
    透明なマウスピースは非常に審美的で、見た目を気にすることなく矯正治療を進めることができます。
     
    マウスピース矯正はアライナーを装着して歯を少しずつ動かします。2週間ごとにアライナーを交換することで徐々に歯並びが整っていきます。
    1枚目(開始時)       7枚目(13-14週)    14枚目(27-28週)    21枚目(終了時)
    1枚目(開始時)7枚目(13-14週)14枚目(27-28週)21枚目(終了時)

    インビザラインの特徴

    • 清潔
    • 目立ちにくい
    • 診療頻度は1~2ヶ月に一度(初めのうちは月に一度くらい)
    • 診療時間は30分程度(場合によって1時間くらい)
    • 応急手当での来院が圧倒的に少ない
    • 話しにくさは、1ヶ月程度で慣れる
    • 「しっかり」と装着しないと治療できない

    インビザラインの注意点

    アライナー(マウスピース)の着脱は患者様自身での管理となるため、
    定められた装着時間、正しい装着方法を守っていただくことが重要です。

    装着時間

    アライナーの装着は、1日22時間以上を守っていただきます。原則、食事や着色しやすい飲み物を飲まれるとき以外は装着となります。
    装用時間が守られない、マウスピースの装着が不十分な場合、歯は移動せず治療効果が得られません。逆に、治療全体が長引くことになります。 

    • マウスピース装着時間・交換時期を守る

      マウスピース型の矯正治療では、装置をいつでも取り外せることがメリットのひとつです。しかし、歯科医師の指示に従ってマウスピースを装着する必要があります。

    • 定期的なメインテナンスで虫歯や歯周病を予防する

      マウスピース型の矯正装置は歯磨きの際に取り外しができます。しかし、磨き残しがあったりマウスピースの洗浄が不十分だったりすると、マウスピースをはめている間に虫歯菌・歯周病菌が増殖してしまうことがあります。そのため治療中はそれまでより丁寧なチェック、メインテナンスが必要です。

    • 症例数が多く経験が豊富なマウスピース矯正専門医を選ぶ

      当院は、インビザライン社より「プラチナ・ドクター」として認証されてます。今まで多様な歯列をマウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)で矯正治療してきた経験があります。マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)を検討される際は、症例数や様々な歯列でのマウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)の治療経験があるかどうかを踏まえてクリニック選びをされることをお勧めします。佐世保市では唯一のプラチナドクターです。

     
     

     

     
     
    歯並びの相談なら

    佐世保市日宇町678-3
    医療法人博道会 大串歯科医院
    診療日:月曜~土曜日 
    日曜・祝日休診

    関連記事

    1. 歯が痛い女性のイラスト
    2. マウスピースの画像
    3. ホワイトニング比較画像
    4. 治療費画像
    5. 白い歯が魅力的な女性
    PAGE TOP