マウスピース矯正と ワイヤー矯正の違い

マウスピース矯正とワイヤー矯正は装置の形状の違いだけでなく、様々な点において矯正方法が異なります。

インビザライン
透明なので装置が目立たず、毎週新しいマウスピースに交換するので非常に清潔です
ワイヤー矯正
装置の交換はありませんが、ワイヤーが外れる可能性があり毎月の通院が必要です

マウスピース矯正とワイヤー矯正 比較表

インビザライン ワイヤー矯正
見た目(審美性) 非常に審美的 表の装置は目立つ
調整(来院)の頻度 1~2ヶ月に一度 毎月
通院中の診療時間 20~30分程度 60分前後
ブラッシングのしやすさ 非常にしやすい 非常にしづらい
虫歯や歯周病のリスク ほとんどない ブラッシングによっては高リスク、口内炎が出来やすい
応急対応の頻度 ほとんどない ワイヤーの伸び、装置脱離など、痛みが出やすい
発音(しゃべりやすさ) 発音障害が若干ある 発音障害がほぼある
コンプライアンス しっかりと装着する必要がある
(1日20時間の着用)
着脱がないので関係なし
(顎間ゴムは重要)

関連記事

PAGE TOP