「短期間」「少ない痛みで」治療を終えるための矯正治療

「短期間」「少ない痛みで」治療を終えるための矯正治療

矯正治療において治療期間が長い、痛いは「仕方ないこと」とされてきました。
ライトフォース」と呼ばれる理論で、治療期間の短縮、治療中の痛みの軽減になります。
ライトフォースとは「加える力を弱くする」ということです。どれくらい弱くしているかというと、従来と比較して1/2~1/5になります。
治療中の痛みの問題はかなり軽減します→ほぼありません。

「歯に加える力を弱くすることで歯はしっかり動いてくれるのか?」
「歯が動くスピードが遅くなり治療期間が長くなるのでは?」
加える力が強ければ強いほど、歯がしっかり動いてくれ、かつ治療期間も短くなるイメージがあると思います。
従来法もこの考え方をベースにしていました。しかし、この考え方は「間違い」です。

 歯の移動は骨代謝(骨の新陳代謝)によってなされます。代謝が促進されればその分、歯が動くスピードは速くなります。
代謝を良くするためには栄養を供給する毛細血管が重要な役割を果たします。
従来の矯正ではこの毛細血管の働きを阻害するほどの強い力を用いることが多かったのです。

血管イメージ

マウスピース矯正は、ライトフォース理論に則っておりますので毛細血管の働きを阻害することはありません。
そのため、ブラケット矯正と比べ痛みが軽減されるだけでなく、血液の流れが阻害れず骨代謝を最大限に促すことができ、歯が動くスピードも速ります。

「痛み」が原因で矯正治療に二の足を踏んでしまっている方、一度当院にご相談ください。

PAGE TOP