インビザラインの副作用、リスク、及びデメリット

インビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正装置)の副作用、リスク、及びデメリット

・1日20時間以上使用しない場合は治療期間が延長する可能性があります。

・インビライン単独では治せないケースがありますので、治療途中でワイヤー治療に変更する場合があります。

・歯科医師の経験や技術によって治療計画が異なってくる場合がありますので、治療結果は歯科医師およびクリニックの臨床経験に左右されます。

・インビザラインでは移動が困難な歯もございますので、補助矯正器具が必要な場合があります。

・薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

PAGE TOP